現金化の法律

現金化の根拠となる法律として「不当景品類及び不当表示防止法(以下景表法}」があります。この法律は不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、公正取引委員会により定められたものです。公正な競争の確保と、一般消費者の利益を保護することを目的とされています。

景表法で、当サイト記載の現金化店舗は下記の分類の「クローズド懸賞型」・「オープン懸賞型」・「共同懸賞型」・「もれなく型」の中の「もれなく型」に該当し、通常の景品ではその最高額が総取引額の10%以下に規制されます。しかし、キャッシュバックは景品の例外に該当するため取引額の10%以上を合法的に提供することができることになります。

◆もれなく型
商品の購入者や入会者全員に景品を渡す。
・懸賞の価格制限
景品の最高額が取引額の10%以下。取引額が1000円以下の場合は、最高額100円の景品までつけられる。総額の制限はなし。
ただし、以下のものは例外として10%以上のものを付けることができます。
a: 商品の販売や使用上必要なもの
b: 見本など、宣伝用の物品やサービス
c: 割引券・ポイントバック・キャッシュバック
d: 開店披露、創業記念など

クレジットカード現金化サービスは『c: 割引券・ポイントバック・キャッシュバック』にあたります。


戻る 次へ
TOPページ